保育カリキュラム

3月主題 奉仕(てつだいます)

『雑宝蔵経』という経典の中には、「その意志さえあれば、誰にでも出来るりっぱな施し方が七通りある」ということが説かれていのす。これは、お金の有無にかかわらず誰にでも成し得る尊い行いであることから「無財の七施」と言われ、次の七つの行為が示されています。

①あたたかい慈愛のまなざし②うるわしい微笑みをたたえた柔らかな顔③思いやりのこもったやさしい言葉     ④相手の人格を尊重し自ら進んで行う態度⑤相手の立場にたって考える心⑥思慮深く相手を安定させる気持ち    ⑦自分の持てる技術を他人に喜んで提供する態度

これらの心を子ども達の生活の中に求めると、それは「おてつだいの心」になります。一般に、幼児の「おてつだい」は受ける側にとって、労力の手助けとはならないことが多く、むしろ邪魔なることさえあったりします。しかし、大人の仕事を幼児が少しでも体験するということは、社会性を広げるという意味においてとても貴重なことです。またそれ以上に、子ども達が自分以外の対社会的なことに参加し、その一員となって積極的に他に貢献しようとする意欲は、大切に伸ばしたいものです。

本来「おてつだい」とは、見返りを期待しない「無償」の行為です。また、子ども達にとってそれは興味のある遊びの一つであると共に、他人から信頼され、一人前として認められたことに喜びを感じる、またとない良い機会だといえます。ですから、もし子ども達が自ら「おてつだいをしたい」と申し出た時には、少し時間がかかっても出来るようなことは務めさせ、無理な時にはその思いを認め、いずれもほめるようにしたいものです。そして、見返りを求めないおてつだいは、他者の苦悩を自らのものと引き受け、他者の喜びを自らの喜びとして、悲喜共有してはたらかれる、尊い仏さまの道を歩いているのと等しいことなのだと、讃えるようにしましょう。

「他の人に迷惑をかけない」ということをもう一歩踏み出して、「他の人のために、自分は何が出来るか?」ということを子ども達と一緒に考えて自分でできることは積極的に行えるようにしていきたいものです。

年長組

○ 自分や友達の成長を喜び、自信をもって行動できるようになる。

○ 人の役に立つ喜びを知り、自分から進んでお手伝いをする。

○ 相手の立場になって考え、友達の良さに気付き、仲良く助け合うことの大切さを知る。

○ 卒園の喜びや小学生になるという自覚と期待をもちながら園生活を楽しむ。

年中組

○ 仏さまについての話をとおして、思いやりの気持ちをもち誰とでも仲良く遊ぶ。

○ 自分のできる手伝いを喜んでする。

○ 自分でできるようになったことを喜び、年長になることへの期待をもって生活する。

年少組

○ 自分のできるお手伝いをして、人の役に立つ喜びを知る。

○ 冬から春への自然の変化に気付く。

○ 成長したことを喜び、進級への期待をもつ。

満3歳児

○ 食事のマナーを守りながら、食事の大切さを知る。

○ 友達と一緒に仲良く遊ぶ楽しさを味わう。

○ 簡単な身のまわりのことを自分でしようとする。