保育カリキュラム

10月主題 聞法(よくききます)

仏さまのみ教えを聞くことを「聞法」といいます。仏さまのみ教えの特色は、どこかの誰かのことではなく、この私自身を明らかにしていく点にあります。そこで「聞法は、生涯かけて私が受けなければならない人間教育である」とも言われるのですが、人間関係としての礎が築かれる乳・幼児期から既に、この聞法の機会を持ち得るということは、豊かな人間性を持つ人へと成長していく過程において、とても貴重なご縁との出会いだと言えます。

一般に「聞く」ということは、「話す」ことよりも簡単なことであるかのように思われがちです。けれども、よく考えてみると、実はこれがなかなか難しいのです。なぜなら、誰かの話を聞いた後に、語られたことの内容を今度は自分の言葉で述べたり、他人に的確に伝えたりできなければ、それは、「聞いた」とは言い得ないからです。

つまり「聞く」ということは、単に「話す言葉が聞こえてきた」ということではなく、「聞いて理解する」ということなのです。例えば、話を聞いたといっても、その内容の真意を正しく理解して、自らの言葉で語ることが出来なければ、自分では聞いたつもりであっても、その時間眠っていたり、全く話をきいていなかった人と何ら変わりがないといわれても仕方ありません。「自分の言葉で語り得ない」という点では、その話を聞かなかった人と殆ど同じだからです。

「耳は二つ、口は一つ」という言葉があります。当然のことを言っているに過ぎないのですが、日頃私たちは二つの耳を持って生まれながら、つい一つの口を先に立てて、聞くことよりも自分の主張を押し通そうとしてしまうことがしばしばあります。おそらく、この言葉は自分の主張をする時には、よく他人の話に耳を傾けてからものを言うことの大切さを私たちに語りかけてくれているのだと思われます。

子ども達に語りかける時は、よく理解出来る言葉で、そしてくつろいだ雰囲気の中で、興味と感心のある物語やお話をすることをとおして、「聞く」ということの大切さが自然と身につくようにしていものです。それと同時に出来る限り子ども達の言葉に、そしてできることなら声なき声にも耳を傾けることに意を向けながら、日々の保育をすすめていきたいものです。

 

年長組

 

○ み仏さまのみ教えや人の話を落ち着いて静かに聞く。

○ 体を思い切り動かし運動する楽しさを味わう。

○ 自分でしようとする意欲や姿勢をもち、安定した生活を送る。

年中組

○ 仏さまの話を喜んで聞き、感謝の気持ちをもつ。

○ 自分から好きな遊びを見つけ、友達と関わりながら遊ぶ。

○ 全身で活動を喜び、進んで運動をする。

年少組

○ 仏さまの話を喜んで聞く。

○ みんなで一緒に活動する中で、友達とのつながりを深める。

○ 目標に向かって最後までやり遂げる気持ちをもつ。

満3歳児

○ み仏さまや家族・保育者にいつも見守られていることを知る。

○ 生活の中に約束事があることを知る。

○ 身近な秋の自然に触れる。