保育カリキュラム

5月主題 讃嘆(たたえます)

仏さまを讃えるというのは、具体的にはどのようなことでしょうか。それは、子どもたちの行動面で言うと、先ず口に「ナモアミダブツ」と称え、身体で拝むことです。この場合、讃えるということは「ほめる」ということと同じ意味ですから、子ども達の心に、いつも仏さまをほめる対象として意識付けすることから始めたいものです。

一般に、他をほめるということは簡単なことのようですが、自己中心性の強い幼児期には、自然とそれを行うのはなかなか難しいようです。けれども、お参りの中で「ナモアミダブツと称えることは、仏さまをほめていることなんだよ」と、いつも自分のしていることの意味を教え、更にそれはとても素晴らしいことなのだと、繰り返し話し聞かせていくと、やがて子どもたちの中に少しずつ、他を認めそれ素直にほめることのできる豊かな心が培われていくことが期待されます。

このようなことを踏まえて、仏さまにお参りする時は、厳粛な雰囲気の中で、静かに心を落ち着けて、それがたとえ短い時間ではあっても、姿勢を正して敬いの気持ちを保ちながらお参りが出来るような環境作りを心がけていきたいものです。その繰り返しの中で、子ども達はやがて仏さまを尊い存在として意識し、他の人たちを認め、心からほめることができるようになって行くことと思われます。

「ナモアミダブツ」という仏さまは、私が願うに先立って、しかも願うと願わざるとにかかわらず、拝むと拝まざるとにかかわらず、常に私たちに「念仏せよ、救う」とよびかけていて下さいます。振り返ってみると、私たちが救いを求めるのは、いつも他人と比較して自分に不平不満を感じた時ですが、仏さまは「自分が、この自分の人生の主人公として生きて行くことに、勇気と誇りを持って生きていける私」に目覚めさせ、完全ではない私のことをそのまま、あるがままに認めて下さいます。

私が称えている「ナモアミダブツ」とは、仏さまが私の上に現れて、私をよんでいて下さるよび声です。私が仏さまをほめる、それがそのまま仏さまから喚ばれている事実と重なることの意義深さを味わいながら、子ども達と元気よくお念仏を称えたいものです。

年長組

○ 「降誕会」の行事を理解して、お参りをする。

○ 年長児になったことを喜び、友達や教師とのかかわりを楽しみながら園生活を送る。

○ 健康状態や生活リズムを整え、安心して過ごす。

○ 楽しい雰囲気の中で、感謝の気持ちをもって給食をいただく。

年中組

○ 合掌・礼拝の態度や習慣を身につける。

○ 身近な動物や草花などに触れ、親しみをもつ。

○ 喜んで登園し、教師や周りの友達と親しみをもって過ごす。

年少組

○ 手を合わせて仏さまを拝む。

○ 自分で好きな遊びを見つけ周囲の友達とかかわりながら遊ぶ楽しさを味わう。

○ 園や教師に親しみをもち、喜んで登園する。

満3歳児

○ 仏さまに手を合わせる。

○ 戸外で遊具の正しい使い方を知り、楽しく安全に遊ぶ。

○ 喜んで登園し、保育者や友達と親しみをもって過ごす。