保育カリキュラム

11月主題 領解(こころがけ)

 

集団生活の中では、自分勝手な行動は他人に迷惑をかけてしまいます。そこで、集団においては、必ず、誰もが守るべき「きまり」が設けられます。ところが、まだ、自己中心性の強い幼児にとっては、ある程度自分の「我がまま」は許される家庭と違い、いろいろなきまりを守ることを求められる集団での生活は、おそらく窮屈なことと感じられるかもしれません。園生活では、きまりを破ると注意を受けたり、時には、痛い思いをすることもあります。けれども、そのことをとおして、子どもたちは自然ときまりを守ることの大切さと、忍耐の必要性とを学んでいきます。したがって、集団生活の中では、いろいろな「きまり」を守ることをとおして、自分の「我がまま」を抑えて行動できる自律性と、自身の欲望に打ち勝つ克己心が無理なく育まれていくのです。こうして培われた情緒の安定した豊かな心は、相手の立場やみんなの立場に立ってものごとを考える余裕をもたらします。そしてそこには、自分のことだけを考えるのではなく、常に他の人のことを思いやってものごとを進めていこうとする協調性も芽生えていきます。一般に「きまり」を守る場合、個人の意志の有無にかかわらず、強制的に守らせるものと、自分たちでよく話合って決めた上で自主的に守らせるものとの二通りがあります。社会生活を営む上では、両方とも大切なことですが、子どもたちに「きまりとは、自分たちのためにあるものだ」ということを、いろいろな体験の中で自然と理解できるようにしていきたいものです。自分の心の中に「きまり」をもつということは、自分の本当の姿を映し出す鏡を持つということです。犯罪の凶悪化・低年齢化が社会における大きな問題となっていますが、それは「良いこと」・「良くないこと」を判別する「心の鏡」を持たないか、たとえ持っていたとしてもその鏡が曇っていてよく見えなかったり、自分自身できれいに磨くことを怠っていたりしているからではないでしょうか。このような意味で、きまりを教え、守らせることは、自律した人間を生み出して行くことに繋がります。子どもたちが常にきまりを心がけ、守ることにより、その心に美しい鏡が置かれ、たとえそれが面倒や窮屈なことだと感じても、それでも社会生活を営む一員として「守るべきことは守る」という強い心を無意識の内に育んでいけるよう、心がけていきたいと思います。

年長組

○ 物事の善悪を理解し、考えながら行動する。

○ 思ったことや考えたことを自分なりに表現する楽しさや満足感を味わう。

○ 一人一人がイメージを膨らませ、友達と工夫しながら遊びをつくる。

○ 食事のマナーがわかり、心がけて食事をいただく。

年中組

○ 物事の善悪が分かる。

○ 友達と親しみ、工夫しながら一緒に遊ぶ楽しさを味わう。

○ いろいろな表現遊びを楽しみ、表現する喜びを知る。

年少組

○ 物事の善悪がわかる。

○ 友達と親しみ、みんなで遊ぶ楽しさを味わう。

○ 秋の自然にふれ、興味や関心をもつ。

満3歳児

○ み仏さまや家族、保育者にいつも見守られていることを知る。

○ 園生活のリズムに慣れ、安心して遊べるようになる。

○ 自分の好きな遊びを見つけ、遊ぶ楽しさを味わう。