保育カリキュラム

月主題 報恩(よろこびます)

世の中の物事(結果)には、必ず原因があります。その原因にいろいろな条件が加わり、それらが相互に関係し合い、やがて結果が生じるのです。例えば、花という結果が導き出されるまでには、まず種という原因があり、土・水・光・養分といった様々な条件が整うことが、結果を生み出す必須の条件であることはよく知られています。このように結果には、必ず原因とその間の諸条件が関係し合うという真理を「因果の道理」「縁起の法」と呼んでいます。

ところで、「報恩」とは、「知恩報徳」ということです。「恩」という文字は「因」と「心」という二つの文字から成り立っています。あるひとつの事柄を結果として見る場合、具体的に目にすることは出来なくても、それが成り立つまでの原因と結果に至る過程に心を寄せる感情を言い当てた言葉が「知恩」であり、その徳に報いて行くことが「報恩」だと言えます。

では、このように目には明らかに見えない「恩」という感覚を、子ども達にどのように教えればよいのでしょうか。見えないだけに、なかなか難しいことですが、年間を通して行われる日常のお参りを始めとして、仏教行事を催す中で仏さまについての絵本や紙芝居を見せたり、お話をしたり、讃歌を歌わせることなどを通して、自然と知らしめて行ければ…と思います。

子どもですから、すぐに理解するということは難しいでしょうが、繰り返しみ仏さまのみ教えを聞くうちに、やがて「生かされている私」であることに目覚めると共に、多くのご恩を感じる心の豊かな人へと育って行くものと期待しています。

また、食事の前後には必ず感謝の心を述べる「いただきます」「ごちそうさまでした」という言葉を一緒に唱和するようにしていますが、それは今自分が頂いている「海と大地の無数の生きとし生けるいのち」に対する深い概念の言葉であると実感することが出来た時、恩という感覚も心の奥深くに刻み込まれるのだと考えられます。お参りや毎日の様々な事柄をご縁として、ひとりでも多く「ご恩」を知り、喜べる子どもに育って行くことを願いつつ、日々の保育を進めて行きたいものです。

年長組

○ 人の役に立つ喜びを知り、自信をもつ。

○ 伝承遊びや日々の活動をとおして、数量や図形・文字に関心をもつ。

○ 相手の立場になって考え、仲良く助け合うことの大切さを知る。

○ 卒園の喜びや小学生になるという自覚と期待をもちながら園生活を楽しむ。

年中組

○ 自分のできる手伝いを喜んでする。

○ 身近なものを生かして、自分なりに工夫して遊ぶ楽しさを味わう。

○ 冬から春への自然の変化に気付き、興味関心をもちながら戸外での遊びを伸び伸び楽しむ。

年少組

○ 仏さまや親鸞さまに感謝の気持ちをもつ。

○ 食事のマナーを守りながら、食事の大切さを知る。

○ 冬から春への自然の変化に気付く。

満3歳児

○ み仏さまについての話を聞き、感謝の気持ちをもつ。

○ 友達と一緒に仲良く遊ぶ楽しさを味わう。

○ 簡単な身のまわりのことを自分でしようとする。