保育カリキュラム

7月主題 照育(あおぎます)

光を受けている草木は、力強く伸びています。反対に日陰にあるものは、いかにも弱弱しい感じがします。まさに直接太陽に当たるかどうかで、その生長する様にはかなりの違いがみられます。このことから、光は「生きとし生けるものを育てる力の源」であることがうかがえます。

同じように、人が成長していくためにも光は必要です。それは、太陽の光だけでなく、眼に見えない光、心を育てる真実の光です。仏さまは、常に私たちを照らし、心の中にその尊い光を注いで、私たちの心を育て、導いてくださいます。

私たちの眼を「借光眼」といいます。日頃、周囲のことは何でも自分の力で見ているように思っていますが、実は光の力を借りないとものを見ることが出来ない眼なのです。ところが、いつもは太陽や電気の力を借りて周囲のものが見えているので、何でもその通りに見えていると思っています。けれども、それは、所詮錯覚でしかなく、しかも自分中心の見方にとらわれてしまっています。そのために、子ども達を見る時も、無意識の内に自分が期待している標準よりも上か下かというような見方に陥ってしまいがちです。

しかしながら、子ども達の「持ち味(個性)」とは、他者と測ったり比べたりするものではなく、その子のあるがままの姿を認めることが大切なのです。そうすると、子ども達は自分という存在を認められていることでやる気を出し、自らの力で生き生きと歩き始めるようになります。

その「子どもの個性を正しくとらえることの出来る眼」は、測る世界を超えたところから生まれてきます。超越の世界、すなわち仏さまの世界からの光は、すべての子どもを照らし、その子なりの輝きを与えています。そして、仏さまのお育てによって、どの子もそれぞれの個性のままに、自分色の輝きを増して行くのです。

そのために周囲の大人が、子どもが伸び伸びと自分を表現できる場を与えて、何よりも辛抱強く待つことが大切だといえます。「早く」「早く」と焦ることは禁物です。

子ども達は、園で仏さまのお話を聞いたり、動植物を育てる体験などを通して、いのちの不思議さに目覚めたり、育てることを通して自らも育てられていることに気付いていくものです。

仏さまの光に照らされて、共に育ち合えるような保育を目指したいものです。

年長組

 

○ 「ごめんなさい」「ありがとう」と言える心を育む。

○ 夏の自然の様子に目を向け、見たり触れたり、調べたりして、友達と思いを伝え合う。

○ 適度な休息をとり、季節の変化に応じた健康管理をする。

年中組

○ 仏さまを身近に感じ進んでお参りをする。

○ 泥んこ遊びや、水遊びなど、ダイナミックに楽しむことで開放感を味わう。

○ 園生活の中には、守らなければいけない決まりがあることに気付く。

年少組

○ 仏さまのお話を聞く。

○ 食事・衣服の着脱など生活に必要な習慣を身に付ける。

○ 教師や友達とのかかわりをもちながら遊びを楽しむ。

満3歳児

○ 仏さまに手を合わせる。

○ 夏遊びに参加し自然に親しみ、開放的な気持ちを味わう。

○ 喜んで登園し、保育者や周りの友達に親しみをもって過ごす。