保育カリキュラム

12月主題  精進(つとめます)

仏さまのみ教えにしたがい、正しいことに向かって根気よく努力することを「精進」といいます。一般に、物事への興味が次々と移っていく子ども達に、一つのことを集中して続けさせることはなかなか難しいものです。そこで、まだ注意力の散漫な子どもに対しては、興味や関心の向くような環境設定と、適切な助言とが必要になってきます。

 

集中力を育むには、先生と一緒、友だちと一緒という集団の中で、各人の年齢や持ち味に応じて、根気強く努力を続けられるような配慮を行うことが、効果的な方法であると考えられます。したがって、先ずは「みんながしていること」は自分もする。また良いことは日課として、それがたとえどんなにささいなことであっても、自分の務めとして実行し、やがてそれが習慣化していくように配慮することが大切です。そして、それを続けて行くことで、子ども達はひとつのことをやり遂げたという達成感を味わい、また次の何かに向かって自ら積極的に取り組む意欲を持つようになることが期待されます。

 

そのためには、何よりも適正な評価をすることが必要です。幼児期における善悪の判断は、一般には「ほめられる」と「𠮟られる」の快・不快の感情から出発します。したがって、子ども達が何かある事柄について努めている時には、必ずほめて励ますようにしたいものです。

 

子ども達にとって、自分のしている努力が周囲の人びとによって認められることは大きな喜びであると共に、その喜びが更なる継続のための力強いエネルギー源ともなるからです。

 

ただし、この場合ほめると言っても、何をほめるのかということについて留意しなくてはなりません。漠然としたほめ方では、子どもにとっては何をほめられているのか理解することが出来ないからです。したがって、どの点が良いのかを具体的にわかりやすくほめ、そのことを子どもと一緒に喜ぶようにしたいものです。

 

今月は、たとえ困難に見えるようなことでも、それはごく小さな一見つまらないような身近な努力の積み重ねにより実現するということを、子ども達一人ひとりが身をもって体験出来るよう、共に自らも精進していきたいものです。

年長組

○ 仏さまの話を喜んで聞き、感謝の気持ちをもつ。
○ 相手の思いや、イメージを友達に伝え、受け入れたことへの喜びを知る。
〇 身近な自然に触れて楽しく遊び、自然に興味をもつ。
〇 感染症など流行に備え、手洗いうがいなど予防に努める。

年中組

○ 物事の善悪が分かる。
〇 友達と親しみ、みんなで遊ぶ楽しさを味わう。
〇 相手の思いや、イメージを友達に伝え、受け入れたことへの喜びを知る。
〇 インフルエンザやコロナウイルスなど流行に備え、予防に努める。

年少組

○ 善いこと悪いことがわかり決まりを守ることができるようにする。
〇 秋から冬への自然の変化を感じる。
〇 リズムに合わせて歌ったり、楽器を鳴らしたりし、自信をもって表現活動を楽しめるようにする。
〇 手洗い・うがいを習慣化させ感染症の予防に努める。

満3歳児

○ み仏さまや家族・教師にいつも見守られていることを知る。
○ 保育者やともだちの存在に気づき、一緒に活動したり、遊んだりする。
〇 絵本や紙芝居を見たり聞いたりする。