保育カリキュラム

9月報謝 (はげみます)

私たちは、他の人からものをもらったり、親切にしてもらったりした時には「有り難うございます」と、お礼の言葉をいいます。この「有り難う」という言葉は、「そう有ることが難しい」ということで、それらのものや行為を頂くような自分ではないことを反省した中から湧き上がる感謝の気持ちを表したものです。それ故にまた、お礼の言葉として「すみません」と言うことも、しばしばあります。

「報謝」という言葉には、「報恩感謝」を簡略化したもので、頂いたご恩に感謝して報いるという意味です。この場合、単に人に対してだけお礼をするのではなく、自らを取り巻くあらゆるものに対して感謝の念を抱き、そのご恩に積極的に報いようとする姿勢と、そこから溢れ出る言動のすべてを含んでいます。したがって、そこには言葉を持っていない「もの」に対しても、まるで生きている人に向かっているかのように「ありがとう」や「すみません」という思いや、心を通わせ尊重して行こうとする態度が見られたりするのです。

「おかげさま」と周囲の人や物に対して感謝して生きる毎日、そこにこそ明るい生活があり、「もの」にまで報いて生きていこうとする創造性も芽生えていくことと思われます。

幼児期の子ども達には、草花や昆虫・小動物とおしゃべりをしている姿がよく見られます。これは大人になること、具体的には現実的な科学観を習得することと引き換えに、やがて失くしてしまうことになる、原始感覚とでも言い表すべき美しい心性に基づくものですが、このように自然と一体となることから、あらゆる「もの」に対する感謝の心も湧いてきます。

実は、この「心性」は既にして誰もが生まれながらに備えているのですが、幼児期に大切に育むことによって初めて定着するのです。したがって、動物や植物と心を通い合わせたり、語り合うことの出来る心性を大切に育み定着させることは、「人間」としての成長を遂げて行く上で、幼児期における保育の重要な課題の一つであるとさえ言えます。

「生かされている私」であることに目覚め、そこから子ども達の中に「報謝」の心が美しく花開くような保育を目指したいものです。

年長組

○ いたわりと感謝の気持ちをもち,自分から素直に「ありがとう」が言えるようにする。(9月主題 報謝)

○ 運動会へ向け,友達と進んで取り組み,協力し合う楽しさを味わえるようにする。

〇 活動のバランスをとりながら、適切な食事や休息をとれるようにする。(養護)

年中組

○ 仏さまの話を喜んで聞き,ありがとうの気持ちをもつ。(9月主題 報謝)

〇 友達と考えを出し合い,協力して遊びを楽しむ。

〇 友達と一緒に戸外で身体を動かし,運動やリズム遊びを楽しむ。(養護)

年少組

○ 周りの人々に感謝の気持ちをもつ。(9月主題 報謝)

〇 みんなで一緒に行動する中で,友達とのつながりを深める。

〇 感謝の気持ちを持って,給食を美味しくいただく。(養護)

満3歳児

○ み仏さまや家族・教師にいつも見守られていることを知る。

○ 簡単な身の回りのことを自分でできるようにする。

〇 園生活のリズムを思い出して,安心して生活できるようにする。(養護)