保育カリキュラム

4月主題  信順(おがみます)

仏さまのみ教えを信じて、それにしたがうことを「信順」といいます。これを子ども達の行動面で具体的に表すと「仏さまを拝む」ということになります。子ども達は園での「おまいり」の中で、仏さまに合掌し「ナモアミダブツ」とお念仏を口に称え、礼拝をします。この合唱・礼拝の意味をすぐに理解することはできなくても、繰り返し仏さまを拝むことを通して、やがて無意識の内に「仏さまとは本当に尊い存在なのだ」という敬いの心が芽生えていくように思われます。

一般に、私達は自分にとって何かしらの利益をもたらしてくれるものでなければ、なかなか素直に頭を下げようとはしないものです。ところが、子ども達はお参りをする中で、自分に何らかの利益をもたらしてくれることを期待する取引の相手としてではなく、尊い存在として仏さまに手を合わせ、念仏を称え、頭を下げています。また、讃歌を通して「見ていてね♪」「聞いていててね♪」と元気よく口ずさみながら、あるいは「仏さまのお話をよく聞いていつも仲良く遊んでいます。いつでもどこでもそばにいてくださってありがとうございます。今日も元気に集まってみんなでお勤めいたします。」といいう奉讃の言葉を聞くことを通して、夜・昼いつでも自分を見守っていてくださる、とても身近な存在として仏さまを感じ、呼びかけています。

聞くところによると、船を造る時に一番大切で難しいことは、転覆しそうになった時に元に戻る力、いわゆる「復元力」をつくることだそうです。人間は、条件さえ揃えば何をしてしまうか分からない危うい存在です。そのような私達を「まことのいのちに目覚めさせずにはおかない」というのが、仏さまの尊い願いです。この願いに目覚めると、どんなに困難な状況に陥ったとしても、あるいは自分のあるべき姿を見失いかけたとしても、必ず仏さまが私の「復元力」となってはたらいて下さると言われます。

お参りの際には、子ども達は仏さまを身近に感じ、喜んでお参りをすることが出来るような楽しい雰囲気作りを心がけたいものです。

 

年長組

○ 進級を喜び、自覚をもって合掌、礼拝する態度や習慣を身に付ける。

○ 年長児になったことを喜び、友達や教師とのかかわりを楽しみながら園生活を送る。

〇 春の自然や動植物の様子に興味をもつ。

年中組

○ 合掌・礼拝の態度や習慣を身に付ける。

〇 身近な動物や草花などに触れ、親しみをもつ。

〇 喜んで登園し、教師や周りの友達と親しみをもって過ごす。

年少組

○ 手を合わせて仏さまを拝む。

〇 身近な動物や草花などに触れ、親しみをもつ。

〇 自分で好きな遊びを見つけ、周囲の友達とかかわりながら遊ぶ楽しさを味わう。

満3歳児

○ 仏さまに手を合わせる。

〇 戸外で遊具の正しい使い方を知り、楽しく安全に遊ぶ。